Augmented Reality

AR

情報をwebカメラを通して現実空間に投影。 ARの導入により、従来のツールに新しい展開が
可能になります。

AR(拡張現実)

ARは情報伝達ツールの一つです。予めサーバに特定のマークやGPS座標に対応する情報を登録しておき、そのマーク等をwebカメラで撮影することで画面上に情報を投影するというしくみです。リアルタイムの映像(現実)に情報を付加するので拡張現実と言われています。
現在ARにはマーカー式、GPS式があり、それぞれ用途に応じた使い分けがされています。

 ARマーカーは一見、二次元コード(QR)と似ておりますが、最も大きな違いは、QRコードは情報のありかを示すのみであるのに対し、ARは情報を読み込み、現実の映像に重ねることが可能、という点です。

 カメラで読み込んだ後、QRコードではブラウザなどの別アプリケーション上で情報のみが表示されますが、ARはwebカメラを通した現実空間+描画となり、実際の映像と情報が合わせて表示されるため、視覚的に非常に認識しやすくなります。
 これを生かした情報伝達、イメージの具体化を新しくご提案をいたします。

  • serviceLineup
  • グラフィック2D
  • グラフィック3D
  • イラストレーション
  • DTP
  • トータルプロデュース
  • Web・アプリ
  • アプリ制作
  • AR
  • 電子ブック
  • 公共広報物
  • 各種翻訳
  • 読売ファミリーニュース